2008.01 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » 2008.03

エレモフィラ〜
この花は、Eremophila maculata (エレモフィラ マクラータ)、
ハマジンチョウ科の植物です。
オーストラリアからやってきたまだまだ使い勝手がよくわからない植物です。






最近は、エミューブッシュという名で売られているのを見かけたりしますが、
まだまだ、そんなにたくさんは出回っていないですね。

開花期は、冬から初夏にかけてたくさん咲かせてくれます。






このEremophila maculataは、赤っぽい色をしていますが、
色々変異があるようで、黄色の花を咲かせるものもあります。
わたしは、種子を海外から取り寄せて播いて育てたのですが、
発芽がとっても悪いです。

結局、1株しかできませんでした。。。

挿し木で増えるようなので、今年は、挿し木で少し増やそうかなと
思っています。
うまく増えたら、いろいろ試してみたい植物の一つです。

なにせ、このEremophila maculataは、多湿が大嫌いで、
乾燥大好き、リン酸肥料は嫌い、耐寒性はそこそこ(-5℃くらい)、
というなかなかわがままな子なので、鉢植えだけではもったいないですね。






花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。
ここをクリックして戴けるとランキングが上がります。



にほんブログ村 花ブログにも参加しています。
こちらもクリックして戴けるとランキングがあがります。
にほんブログ村 花ブログへ


この記事に興味をもって頂いた方は、一日一回クリックして頂けるとうれしいです♪
いつも応援ありがとうございます♪


【2008/02/25 10:33 】
| 植物 | コメント(1) | トラックバック(1) |
トップへもどる
シクラメンの品種いろいろ
今日は、『関東東海花の展覧会』で展示されていたシクラメンを紹介しましょう!

まずは、これ。




香りがするシクラメンの新品種『はる香ミディ』。
この品種は、香りという新しい特徴を入れるために、
従来の品種とは違う香りのする種のシクラメン(Cyclamen purpurascens)と
フリンジ覆輪品種の『ビクトリア』を交配させて作った新品種。

たしか、、、シクラメンは、種間雑種が簡単にできないと思ったので
この品種は、胚珠培養かなんかのバイオテクノロジー技術で作ったのかもしれませんね...


さてさて、、、
関東東海花の展覧会では、新品種だけじゃなく一般に出回っている品種も
たくさん出品されていたので、その一部を紹介します。



これは、『ビクトリア ベスタ』という品種です。





これは、『プルマージュ レッド』





これは、『ストレートピアス』




これは、『ハイブリッジ レッド』





これは、『ピアス』




これは、『ピンキー』





これは、『スーパーマイクロ』
この品種は、本当に小さくてびっくりしました...


他にも、シクラメンはたくさんありましたけど、、、
シクラメンは、このくらいにしておきましょう。
シクラメンについては、以前の記事も参考にどうぞ。


花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。
ここをクリックして戴けるとランキングが上がります。



にほんブログ村 花ブログにも参加しています。
こちらもクリックして戴けるとランキングがあがります。
にほんブログ村 花ブログへ


この記事に興味をもって頂いた方は、一日一回クリックして頂けるとうれしいです♪
いつも応援ありがとうございます♪





【2008/02/13 08:59 】
| 植物 | コメント(0) | トラックバック(1) |
トップへもどる
常緑のアジサイ!?
アジサイ(アジサイ科 Hydrangea macrophylla)は
だれでも良く知っていると思いますが、
アジサイは冬には落葉してしまって、
葉は無くなりますよね。

でも、落葉しない常緑のアジサイがあったら、、、
冬でも葉が落ちないアジサイがあったら、、、
そんなアジサイがあったら、庭で活躍すること間違いなしでしょ!

実は、、、
関東東海花の展覧会でそんな常緑のアジサイを見つけたんです。

それがこちら、、、












群馬県の育成品種『スプリングエンジェル』シリーズです。

このアジサイは、世界で初めて
「トキワアジサイ」と「セイヨウアジサイ」
の交配に成功した品種なんです。
(胚珠培養で作ったらしいです)

常緑性で早咲きのトキワアジサイ(Hydrangea chinensis
の特徴を活かした品種なので、開花時期が1月〜3月なんです。
つまり、冬に咲くアジサイなんです。
しかも、このアジサイは休眠しないので、
冬に咲いた後に切り戻しをすると、
春以降にもう一度花を楽しむことができるらしいのです。
(なんて、万能なアジサイなんだ!!)

でも、この冬に咲いているのは温室を使っているからかも...

庭に植えても冬に咲くのかなぁ〜...
花屋で見つけたら買って、是非試してみたいなぁ〜...

ちなみに、トキワアジサイ(Hydrangea chinensis)は
南国(屋久島〜台湾)生まれのアジサイで耐寒は0℃くらいまで、、、

ということは、、、
新しい品種が、その特徴をもっていたら、、、
関東の冬は厳しいかもしれませんね...


花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。
ここをクリックして戴けるとランキングが上がります。



にほんブログ村 花ブログにも参加しています。
こちらもクリックして戴けるとランキングがあがります。
にほんブログ村 花ブログへ


この記事に興味をもって頂いた方は、一日一回クリックして頂けるとうれしいです♪
いつも応援ありがとうございます♪


【2008/02/07 19:19 】
| 植物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トップへもどる
関東東海花の展覧会
今年で57回目となる花のイベント『関東東海花の展覧会』にいってきました。
毎年、この時期に、東京の池袋のサンシャインシティ文化会館で開催されてい
る花の展覧会です。関東から東海地方までの1都11県の花き関係団体が主催
する国内最大級の花のイベントです。
花の品評会、フラワーデザインコンテスト、フラワーアレンジメント教室、
花の新品種の紹介などなど...
そして、なによりもうれしいのが、入場無料ってところ!
タダで、色々なお花やアレンジメント見れるなんて、、、
しかも、花の作りも品評会ってだけあって、どれも見応え十分!
品評会に出品された花の数は、約2000点くらいあります。
会場では、出品された花すべてを見ることがでるんです。

今年は、2月1日から3日まででしたけど、
もし興味があれば是非一度行ってみるのもいいかもしれません。

展覧会の様子はこんな感じです。




スイートピーきれいですね〜。



鉢物の展示コーナーです。




これは、受賞された花の展示コーナーです。



これから、関東東海花の展覧会で展示してあったお花も
少しづつ紹介して行きますのでお楽しみに〜!!

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。
ここをクリックして戴けるとランキングが上がります。



にほんブログ村 花ブログにも参加しています。
こちらもクリックして戴けるとランキングがあがります。
にほんブログ村 花ブログへ


この記事に興味をもって頂いた方は、一日一回クリックして頂けるとうれしいです♪
いつも応援ありがとうございます♪
【2008/02/04 19:09 】
| 植物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トップへもどる
| ホーム| 次ページ