2017.09 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2017.11

風信子さんってどんな植物?
今日紹介する植物は、漢字で書くと、

『風信子』!

これだけでは、何の植物だかさっぱりわかりませんね。

で、、、これが、風信子さんです。








ヒアシンスのことでした。







ヒアシンス属の植物は、地中海沿岸やアフリカなんかに、
約30種くらいあるらしいですが、
現在の品種のもとになったと言われているのは、
一種しかありません。
それが、『Hyacinthus orientalis』だと、
いわれています。
このHyacinthus orientalisは、
16世紀ころにイタリアからヨーロッパに伝わって、
オランダとフランスでそれぞれ独自に品種改良が進められました。
オランダ系は、ダッチ・ヒアシンス。
フランス系は、ローマン・ヒアシンスとして広まって行きました。
日本に最初にやってきたのは、江戸時代!
でも、一般で栽培されるようになったのは大正時代に入ってからでした。

今日は、ちょっと歴史っぽくなっちゃいましたが...
たまにはこういうのもいいでしょ...?!







ヒアシンスは、ムスカリ(Muscari)に似ていますが、、、
ムスカリは花の先端が、つぼんでいて、
ヒアシンスは、漏斗状になっているので見分けられます。

もういっちょ、、、
ヒアシンスは、シラー(Scilla)に似ていますが、、、
シラーは、花弁(正確には花被片)が分かれていますが、
ヒアシンスの花弁は、途中でくっついているのですぐにわかります。

というわけで、、、
花のアップで、じっくり観察してみてください。







花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。
ここをクリックして戴けるとランキングが上がります。



にほんブログ村 花ブログにも参加しています。
こちらもクリックして戴けるとランキングがあがります。
にほんブログ村 花ブログへ


この記事に興味をもって頂いた方は、一日一回クリックして頂けるとうれしいです♪
いつも応援ありがとうございます♪


【2008/03/27 01:32 】
| 球根 | コメント(87) | トラックバック(3) |
トップへもどる
コメントの編集













秘密にする

トップへもどる
<<久しぶりのガーデン | ホーム |
トラックバック
トラックバックURL
http://rupan0the0cat.dtiblog.com/tb.php/79-c89981b2
-
管理人の承認後に表示されます 【2012/02/04 04:16】
------------------------------------------------------
-
管理人の承認後に表示されます 【2011/12/13 20:21】
------------------------------------------------------
-
管理人の承認後に表示されます 【2011/02/27 08:00】
------------------------------------------------------
トップへもどる
| ホーム|