2017.08 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2017.10

風信子さんってどんな植物?
今日紹介する植物は、漢字で書くと、

『風信子』!

これだけでは、何の植物だかさっぱりわかりませんね。

で、、、これが、風信子さんです。








ヒアシンスのことでした。







ヒアシンス属の植物は、地中海沿岸やアフリカなんかに、
約30種くらいあるらしいですが、
現在の品種のもとになったと言われているのは、
一種しかありません。
それが、『Hyacinthus orientalis』だと、
いわれています。
このHyacinthus orientalisは、
16世紀ころにイタリアからヨーロッパに伝わって、
オランダとフランスでそれぞれ独自に品種改良が進められました。
オランダ系は、ダッチ・ヒアシンス。
フランス系は、ローマン・ヒアシンスとして広まって行きました。
日本に最初にやってきたのは、江戸時代!
でも、一般で栽培されるようになったのは大正時代に入ってからでした。

今日は、ちょっと歴史っぽくなっちゃいましたが...
たまにはこういうのもいいでしょ...?!







ヒアシンスは、ムスカリ(Muscari)に似ていますが、、、
ムスカリは花の先端が、つぼんでいて、
ヒアシンスは、漏斗状になっているので見分けられます。

もういっちょ、、、
ヒアシンスは、シラー(Scilla)に似ていますが、、、
シラーは、花弁(正確には花被片)が分かれていますが、
ヒアシンスの花弁は、途中でくっついているのですぐにわかります。

というわけで、、、
花のアップで、じっくり観察してみてください。







花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。
ここをクリックして戴けるとランキングが上がります。



にほんブログ村 花ブログにも参加しています。
こちらもクリックして戴けるとランキングがあがります。
にほんブログ村 花ブログへ


この記事に興味をもって頂いた方は、一日一回クリックして頂けるとうれしいです♪
いつも応援ありがとうございます♪


【2008/03/27 01:32 】
| 球根 | コメント(87) | トラックバック(3) |
トップへもどる
久しぶりのガーデン
今日は、久しぶりにガーデンを覗いてみましょう。

まずは、今年の1月31日のときの様子から、、、





このころは、Primula sinensisも、花が全然咲いていなかったし、
ビオラも、ちょうど花が少なくなっていて、
いかにも冬って感じでした。
唯一、葉牡丹が頑張ってくれていたかなぁ〜...


で、、、

今のガーデンは、、、、

こんな感じ....







ビオラが一気に満開になって、、、
Primulaも満開になって、、、

まさに、春!!

って感じになりました!

葉牡丹の花が咲きそうなところも、
春っぽさを感じさせてくれるので、
結構気に入っています!!!


この周辺も、ちょっと春らしく、、、







こんな感じになっています。



花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。
ここをクリックして戴けるとランキングが上がります。



にほんブログ村 花ブログにも参加しています。
こちらもクリックして戴けるとランキングがあがります。
にほんブログ村 花ブログへ


この記事に興味をもって頂いた方は、一日一回クリックして頂けるとうれしいです♪
いつも応援ありがとうございます♪


【2008/03/25 00:09 】
| お試しガーデン | コメント(1) | トラックバック(0) |
トップへもどる
アングレカム〜第2弾〜

今日紹介する植物は、こちら...







Angraecum Veitchii(ここではベイチーと呼ぶことにしましょう。)です。
(ここではベイチーと呼ぶことにしましょう。)

アングレカムについては、以前紹介したので、こちらをご参考下さい(↓)。
http://rupan0the0cat.14.dtiblog.com/blog-date-20071110.html









このベイチーは、
Angraecum eburneumAngraecum sesquipedale
という別種のアングレカムの種間交配で作られた品種です。

で、、、

作った人がベイチーさんという訳で、
Angraecum Veitchiiと名付けられたのです。







この品種ができたのが、1899年なので、
ベイチー生まれて、もう100年以上も
たっていることになるんですね!!!

100年も前に作られた品種なのに、
まだまだ現役で頑張っているんだらすごいですね!

最近は色々な品種が増えているけど、
そのなかに、100年以上続く品種はいくつあるんでしょうね...?




花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。
ここをクリックして戴けるとランキングが上がります。



にほんブログ村 花ブログにも参加しています。
こちらもクリックして戴けるとランキングがあがります。
にほんブログ村 花ブログへ


この記事に興味をもって頂いた方は、一日一回クリックして頂けるとうれしいです♪
いつも応援ありがとうございます♪


【2008/03/24 08:46 】
| ラン | コメント(0) | トラックバック(0) |
トップへもどる
ヒュウガミズキ

今日紹介する植物は、これ。






マンサク科のヒュウガミズキ(Corylopsis pauciflora)です。





ヒュウガミズキは、福井県や京都府や兵庫県の北部
だけに分布する落葉低木です。
大きくなっても2〜3mくらいにしかなりません。
枝もたくさん分枝するし、とっても強健なので、
庭木にはもってこいかもしれません。






ヒュウガミズキの属名のCorylopsisの由来は、
ハシバミ属(Corylus)とギリシア語のopsis(似る)
に由来しています。
でも、ハシバミ属は、カバノキ科の植物なので、
ヒュウガミズキとはちょっと違います。

そういえば、ハシバミ属の仲間によく食べているものも
ありましたね。
そう、、、
ヘーゼルナッツ!!!

ちょっとヒュガミズキから、
だいぶ話がそれてしまいましたね...


花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。
ここをクリックして戴けるとランキングが上がります。



にほんブログ村 花ブログにも参加しています。
こちらもクリックして戴けるとランキングがあがります。
にほんブログ村 花ブログへ


この記事に興味をもって頂いた方は、一日一回クリックして頂けるとうれしいです♪
いつも応援ありがとうございます♪



【2008/03/23 00:42 】
| 植物 | コメント(1) | トラックバック(0) |
トップへもどる
| ホーム| 次ページ